会社から出たゴミの処分法

粗大ゴミ

処理業者へ依頼する方法

廃棄物とはゴミのことです。廃棄物処理とはゴミを処分することです。一般の家庭から出たゴミは各自治体で回収して処分してくれます。会社や事業所から出たゴミは産業廃棄物として一般のゴミとは区別されます。自治体では処分できないので、専門の廃棄物処理業者に頼んで処分してもらうことになります。注意すべき点は、ゴミを出した会社や事業所が独自に処分することもできないということです。各県には産業廃棄物処理業者のリストがありますから、その中の業者に処分を依頼するのです。今はインターネットで各県のリストを見ることができます。産業廃棄物処理業者に依頼する時には、マニフェストと呼ばれる産業廃棄物管理票を使うように決められています。このマニフェストを業者に渡すことによって、廃棄物がどのように処分されたのかが確認できるようになっています。

危険物の混入を確認する

会社や事業所が産業廃棄物処理を業者に依頼する時は、なるべく近い業者を選んだ方が移動に時間がかからないので便利です。また業者によって処分費用が違いますから、事前に確認する必要があります。信頼できる業者はホームページを開設しているので、それを見て決めることができます。廃棄物を収集して処分してくれる業者を決めたら、引き取りにきてくれるまで保管しておくことになります。その時の工夫として、特別管理産業廃棄物が混ざっていないか確認しておきます。特別管理産業廃棄物というのは人体に悪影響を及ぼす毒性のあるもの、爆発性や感染性のあるものなどです。こうした準備や手続きをした上で、産業廃棄物は処理されるようになっています。必ず都道府県知事の許可を受けた業者に依頼することが大事です。