安全に処理する方法

工事現場

ガレキ選別の作業は地震などの災害時だけでなく、マンションやビルなどの建築物の解体でも発生します。ガレキの内容はコンクリートやレンガや鉄や木など多岐にわたり処分にあたっては、ガレキ選別が非常に大事な点です。ガレキ選別なしで廃棄処分することは認められていないし、指定場所以外に捨てることは不法行為となるのです。そしてガレキ選別を人力だけで実施しようとすると大変な手間と労力がかかるので、重機を活用すると効率がいいです。重機は購入する必要はなく、レンタルを利用することもできます。ガレキには巨大なものもあるので機械を使って、細かく粉砕してから処分所へ持ち込むといいです。またガレキ選別に非常に役立つ機械は、振動篩機があります。振動篩機は不用品や再利用できるものを振動を利用して分別することができるのです。

振動篩機は分別を効率的にできる便利な機械ですが、人力による補助作業が必要になることがあります。人間が確認することで正確な分別が可能となるので、より多く再利用できる資源を取り出すことができます。また工事を行うと大量に発生するものに残土があります。残土は再利用が可能ですが分別することが必要です。分別は目の大きさが異なる網で行い、その網のことをスクリーンと言います。さらに残土処理にはベルトコンベアーや油圧ショベルなども必要です。残土をそのまま処理するには、かなりの費用がかかってきます。しかし残土を再生させて再利用すれば効率的です。残土の再生産は幾つかのスクリーンを準備して残土篩機で比較的簡単に行うことができます。